「遊び心」と「センス」を大切にした開放感いっぱいの住まい
パナソニックリフォーム
Before
After
リフォームの目的と要望
夫妻ともリタイアしたのを機に、心豊かなくらしを楽しみたいと、マンション最上階の中古住宅を購入してリフォームを計画しました。リフォームに際して夫婦で協議し「広く、高く、明るく、風通しよく、楽しく、おもしろく」をリフォームコンセプトとして計画をスタートしました。
プランのポイント、工夫した点
区切られていた間取りをスケルトン状態にして一新。暗く孤立していたキッチンは、光が差す東側に移動。間仕切りをなくして、約24畳大の開放的なLDを実現しました。LDと一体になる夫妻の寝室は、花柄の輸入クロスを張った「屏風」のような折戸パネルで間仕切り、シンプルモダンな空間の華やかなアクセントにしています。また将来に備えて、床高をフラットにし出入口に引戸を採用するなどバリアフリーに配慮。玄関ホールの壁面には、手摺を兼ねたニッチを造作し、安全性とともにおしゃれで楽しい演出としました。
間取図
Before Reform
After Reform
リフォーム実例データ
リフォーム部位
リビング・ダイニング  キッチン  バスルーム  洗面脱衣室  トイレ  寝室・ベッドルーム  子供部屋 収納  玄関まわり  全面改装  間取り変更
実例の所在地
東京都
築後年数
30年
リフォーム費用
2138万
リフォーム工事期間
2ヶ月
リフォームの動機・目的:
セカンドライフ
中古購入
インテリアデザイン
バリアフリー
通風・採光
防音・遮音
断熱
省エネ・環境対策
健康配慮
リフォーム
実例提供
パナソニックリフォーム
【ひとことPR】
パナソニックリフォームの「家まるごと大変身」は、木造も、鉄骨住宅も、マンションも、新築のように一新。くらしの夢を形にします。