ふたつの家事ラク動線をデザインした快適な住まい
日本総合住生活
Before
After
リフォームの目的と要望
不満があった家事動線や明るさ、断熱性を向上させたい。
プランのポイント、工夫した点
家事の中心となるキッチンと水廻りを回遊式となるように配置し、動線がスムーズになるように提案しました。また、部屋全体の床高を上げて、バリアフリー仕様に変更しました。また、北側の1カ所にしか窓がなく暗かったダイニングキッチンも間仕切りを開閉式にしたことで、光と風が入る空間となりました。既存の断熱材を残し、その上から新しい断熱材を施工し、すべての窓にインナーサッシを設置して、断熱性能を向上させました。
間取図
Before Reform
After Reform
リフォーム実例データ
リフォーム部位
リビング・ダイニング  キッチン  バスルーム  洗面脱衣室  トイレ  寝室・ベッドルーム  収納  玄関まわり  全面改装  間取り変更
実例の所在地
東京都
築後年数
24年
リフォーム費用
約700万
リフォーム工事期間
2ヶ月
リフォームの動機・目的:
収納
バリアフリー
通風・採光
断熱
省エネ・環境対策
リフォーム
実例提供
日本総合住生活
【ひとことPR】
JSは昭和36年以来、分譲・賃貸を合せて100万戸に及ぶマンションの管理を手がけ、住宅リフォームについても多くの実績があります。