収納をうまく配置し、生まれ変わった開放的な住まい空間 
東急コミュニティー
Before
After
リフォームの目的と要望
定年退職を期に、お住まいでご友人と一緒に過ごされる時間も多くなることを想定して、広々としたLDKのある住まいにされたいとリフォーム。お一人暮らしのため、バリアフリーにも配慮してほしいとのことだった。
プランのポイント、工夫した点
仕切られていた、リビングとダイニングキッチンを一体にして目線より低いカウンターで仕切ることで、開放的なLDKに。カウンター下の収納は両側から使えるようにしました。リビング脇の寝室も3枚引き戸で普段はオープンにして使えるように。また床の段差をなくし、扉には敷居やレールのない上吊引き戸を採用しました。寝室と廊下から行き来できるウォークスルークローゼットは、お部屋一つ分の広さにし、身支度できるスペースも確保。お手持ちのタンスや食器棚もスッキリ納まるように壁の寸法にも配慮しました。玄関には、手すりと靴の脱ぎ履きに便利な折畳み式のサポートチェアを設置。暮らしやすく、開放的な住まいに生まれ変わりました。
間取図
Before Reform
After Reform
リフォーム実例データ
リフォーム部位
リビング・ダイニング  キッチン  バスルーム  洗面脱衣室  トイレ  寝室・ベッドルーム  収納  玄関まわり  全面改装  間取り変更
実例の所在地
神奈川県横浜市
築後年数
44年
リフォーム費用
790万
リフォーム工事期間
1.5ヶ月
リフォームの動機・目的:
セカンドライフ
収納
バリアフリー
通風・採光
リフォーム
実例提供
東急コミュニティー
【ひとことPR】
マンションリフォームの豊富な経験を活かし、お客様一人ひとりにとって「安心・快適」そして「上質」な住まいをご提案します。