ここでは調査・診断の具体的な手順について説明をします。

 

調査スタート
予備調査を実施
  • 建物の概要、修繕履歴などの情報収集をする
  • 設計図書、過去の管理記録などを確認する
  • 現地の下見をする
 
調査内容を作成
  • 予備調査の結果をまとめ、調査項目をランク付けする
 
調査計画を作成
  • 管理組合の要望
  • 目的を考慮しながら調査の箇所、方法、日程などの計画を立案する
 
第1次調査
  • 目視調査を主体とした現状調査を行う(屋根、外壁、鉄部の目視調査、タイル打診調査等)故障個所の図面記入、写真記録、居住者へのアンケートなど

 

  • タイル打診調査
    タイル打診調査
 
第2次調査
  • 計測調査、サンプリング調査、材料試験などの精密調査を主体とした調査を行う。

第2次調査の例

  • 外壁の塗膜付着力試験とタイルの接着力試験
  • 給排水設備配管の内視鏡調査とサンプリング調査

 

  • 塗膜付着力試験
    塗膜付着力試験
  • タイルの接着力試験
    タイルの接着力試験
  • 内視鏡調査
    内視鏡調査
  • サンプリング調査
    サンプリング調査
 
診断
  • 調査結果に基づいて診断を行う
報告書を作成
  • 現在の劣化状況、劣化の原因および対策、修繕時期などを提案する